知覚過敏、冷たい物・熱い物で歯がしみる、痛い原因と治療法・対処方法|医療法人真摯会 クローバー歯科・まつもと歯科

歯が痛い専門サイト
  • TOP
  • 歯が痛い
  • 知覚過敏、冷たい物・熱い物で歯がしみる、痛い

2. 知覚過敏、冷たい物・熱い物で歯がしみる、痛い

歯がしみるのはお食事がしにくいし、早く治したいですよね。

冷たいものを食べると歯にしみる

歯がしみる場合は大きく2つの症状があります。

です。それぞれ原因と治療法が全然違いますので、丁寧にご説明しますね。

症状1:冷たい物がしみる・痛い場合

冷たい物がしみる・痛い場合は原因は2つあります。

原因1 知覚過敏の場合

冷たい物が単純にしみることを「知覚過敏」と言います。

神経に炎症があったり、虫歯があるわけではなく、単に冷たいものや風が当たったり、歯ブラシがあたるとしみたりする症状です。
歯の根っこがすり減って、そこに刺激が加わると起こります。

歯の根っこがすり減った

歯の根っこがすり減る原因は大きく3つあります。

●歯の根っこがすり減る原因1:強い力でのブラッシング

歯はエナメル質という硬い層で覆われていますが、歯の根っこはエナメル質より柔らかいセメント質に覆われています。

歯周病や強い力でブラッシングを行うと、歯茎の位置が下がり、本来歯茎で覆われていたこのセメント質が露出してしまいます。

歯の構造の説明図
歯の根っこがすり減っている
知覚過敏の図説

このセメント質は歯ブラシなどの強い力が加わると単純にセメント質がすり減って、写真のような歯と歯茎の間がくぼんだような状態(くさび状欠損)になります。

その結果、歯の内部の象牙質にある象牙細管という神経につながる細かい穴が露出してしまい、その無数の穴から神経へ刺激が伝わることによって知覚過敏が起こります。

正しい歯磨きの方法を行わないと症状が悪化します。当院では丁寧に歯磨きの仕方をご説明します。

歯磨き
●歯の根っこがすり減る原因2:歯ぎしり・食いしばり

歯ぎしりや食いしばりをすると、エナメル質より柔らかいセメント質に歯ぎしりの力が集中することにより、セメント質がすり減ってしまいます。

その場合は、詰めるといった治療で一時的に改善されますが、根本的な原因が改善されないと、知覚過敏の症状は再発してしまいます。

その為、並行して歯ぎしりや食いしばりの治療(ナイトガードの作製)を行なっていくことも多々あります。

ナイトガードを装着

治療法

● 詰める方法:すり減っているところに樹脂を詰めるなどして治します。

歯のすり減ったところに樹脂を詰める

● コーティング:専用のコーティング剤をすり減った部分に塗って、露出した象牙質に加わる外部からの刺激を抑えます。

歯をコーチングし、刺激を抑える

● 原因の除去:そもそもの原因を治すために、歯みがき指導、歯ぎしり防止装置のナイトガード(マウスピース)を使います。

●歯の根っこがすり減る原因3:歯周病で歯ぐきが下がって歯の根っこが露出する

歯周病にかかると、歯周病菌により歯を支える歯槽骨が溶かされ、同時にその上にある歯ぐきも後退し、歯の根元の象牙質が露出します

歯の根元が露出している
知覚過敏の図説

そこから刺激が神経に伝わってしみることがあります。この場合は歯垢、歯石の除去や歯みがき指導などの歯周病治療をして改善していきます。

歯石を取り除くことで、歯石がもともとくっついていた所の象牙質の露出が増えて一時的に知覚過敏の症状が増してしまうことがありますが、唾液に含まれる再石灰化成分により、象牙細管がふさがれ、徐々に改善されます。

根本的な解決ができていないと症状が進んでしまい歯が欠けたり折れたり、歯が抜けてしまうという深刻な状態になってしまうこともありますので早めにご相談くださいね。

原因2 中くらいの大きさの虫歯

歯がしみる場合は、中くらいの大きさの虫歯(C2)が原因であることが多いです。

虫歯C1〜C4

治療法

C2の虫歯の場合は、虫歯を削り取った後、その部分を詰めるという、比較的簡単な処置で治ります。詰め物は樹脂で直接詰める場合と、型取りをしてから詰め物をする場合があります。

もし、C2を放っておいてC3という大きい虫歯になってしまうと、神経を取らないといけなくなりますので、すぐにでも歯科医院を受診されて下さいね。

クローバー歯科は虫歯の治療は無痛治療で行っておりますので、安心してください。

虫歯に樹脂を直接詰める

▲ 虫歯を樹脂で直接詰めた場合

型取りをして作った詰め物を詰める

▲ 虫歯を型取りをして作った詰め物で詰めた場合

歯がしみるのをすばやく改善してくれる

お近くの医院はこちら

症状2:熱い物がしみる・痛い場合

熱いものを食べた時にしみる場合は、冷たい物がしみる場合より重症です。

⇒熱い物がしみる・痛い原因は2つ考えられます

原因1 虫歯がかなり進行して歯の神経が炎症を起こした場合(歯髄炎)

虫歯が小さい時は、冷たいもので少ししみる程度ですが、虫歯がかなり進行すると神経が大きな炎症を起こし、熱いものでしみたり痛んだりします。

熱いもので痛い場合は炎症がきついので、この場合は残念ながら、神経を取らないといけないことが多いです。

歯の神経の炎症

原因2 金属の詰め物やかぶせ物をしている場合

銀歯などをしてる場合は、金属は熱を通しやすいので、熱いものの刺激が伝わりやすいです。

神経が生きている歯の金属の詰め物の場合は、金属が熱い温度を通してしまい、神経まで熱が届きやすくなります。

ただ、治療直後で熱いものが痛い場合は1週間くらいで治ることが多いです。

銀歯

熱いもので痛い場合は、緊急性が高いので早く歯医者に行った方が良い!

熱いものが痛い場合は、理由はいくつかありますが、いずれも重症の事が多いです。

重症を放置すると、さらに悪化して激痛が起きたり、歯を抜かなくてはならなくなる可能性が高いので、直ぐにでも歯医者に行った方が良いです。

Call:06-6878-4520
  • 無料メール相談
  • 初診予約
  • LINEで無料相談

歯の痛みをすばやく改善してくれる

お近くの医院はこちら