歯が浮いて痛い原因と治療法・対処方法|医療法人真摯会 クローバー歯科・まつもと歯科

歯が痛い専門サイト

4. 歯が浮いて痛い

歯は痛くないけど、浮いた感じがするということがあります。それは、どういう現象かご説明します。

歯と骨の間には歯根膜という組織があって、骨からハンモックで歯がぶら下がってる感じになっていて、歯と骨の間のクッションの役目をしています。

歯根膜

歯に強い力がかかってしまって歯根膜に負担をかけたり、歯根膜が血行障害を起こしたり、ばい菌に感染したりした時などに、歯根膜が腫れあがり、実際には少しですが、歯を持ち上げてしまってるのです。

歯が浮いて痛い4つの大きな原因

原因1: 歯の神経が無い歯や、神経がいつのまにか死んでしまった歯に起こりやすい

神経の無い歯は免疫がないために、ばい菌が感染しやすいです。

ばい菌が感染すると、歯の根っこの先に炎症が進んでいき、そこから歯根膜に炎症が拡がって歯根膜炎を起こし、歯が浮いた感じになります。

ばい菌が感染して根っこの先に膿が溜まる

治療法

この根っこの先に溜まった膿を出したり、根っこの内部を掃除して消毒して、ばい菌を除去します。
ばい菌がいなくなったら、再びかぶせ物をします。

この手の感染は早めに治療をされてください。
理由は、
@感染が進んでしまうほど、治療の期間や回数、治療費が増えてしまうこと、
A自然には治らず、放っておくと歯を抜かないといけなくなること、
Bばい菌が血管を通じて全身にまわってしまうからです。

歯の根に膿が溜まっている様子
▲ 矢印の部分に膿が溜まってます。

歯の根っこの治療

原因2: 歯周病の場合

歯周病になると、ばい菌によって歯ぐきが腫れてきたり、出血したり、膿が出たりします。歯ぐきが腫れると、歯を浮き上がらせてしまうのです。

この場合は、至急歯周病の治療をする必要があります。

⇒ 歯周病治療について
詳しくはこちら

歯周病

原因3: 歯ぎしりなど歯に強い力がかかった場合

歯と骨の間には歯根膜というクッションがあるのですが、歯ぎしりや食いしばりのように歯に強い力がかかってしまうと、その力が歯を揺さぶり、歯根膜が引っ張られてしまい、歯が浮くように感じることがあります。

歯根膜

治療法

歯ぎしりがひどい場合は、マウスピースを作ります。
マウスピースによって、歯に直接かかる力を抑えたり、分散したりでき、歯根膜に与える力を減らしていきます。

食いしばりの場合は、自分でしっかり意識して食いしばりをしないようにすることが大切です。

原因4: ストレスや疲労を感じた時

ストレスや疲労を感じた時は、身体の免疫細胞の力が落ちます。そうすると、歯根膜周辺にいたばい菌が暴れだし、歯根膜に炎症を拡げてしまいます。

また、ストレス、疲労は血流やリンパの流れも悪くします。血流やリンパの流れが悪くなると、歯が浮くだけでなく、頭痛、肩こり、倦怠感なども起こることも多いです。

特に歯が弱い方は、ストレス疲労が歯が浮くという症状になって表れやすいです。

治療法

何よりも、ストレスを取り除くことが大事です。ストレスは万病の元でもあります。

また、疲労に関しては、過度なお仕事や飲酒、徹夜は避け、疲れたらすぐ寝るなどの対策を取ってください。

また、全身の血行を良くするため、適度な運動やストレッチも有効です。

Call:06-6878-4520
  • 無料メール相談
  • 初診予約
  • LINEで無料相談

歯の痛みをすばやく改善してくれる

お近くの医院はこちら