根管治療専門サイト|医療法人真摯会 クローバー歯科・まつもと歯科

根管治療専門サイト

こんな方におすすめです

最善の根管治療を受けたい、歯を出来る限り抜きたくない(他院で抜歯と言われた)、インプラントの前に、出来る限り自分の歯を残したい、根管に穴が開いていて治療出来ないと言われた、歯の治療で後悔したくない、治療しても再発を繰り返してしまう、体調悪いと、歯茎がプクッと腫れてしまう

当院の根管治療の特徴

Features of our hospital

当院では根管治療に関して、マイクロスコープを使っております。

マイクロスコープとは医療用の顕微鏡の事です。脳外科や心臓外科では欠かせない最新機器です。
マイクロスコープで、歯の内部を12倍から20倍に拡大して歯科医が治療を行います。

マイクロスコープ
▲カールツァイス社製 マイクロスコープ

肉眼で見える範囲で処置や洗浄、治療をするのは、どうしても限界が有ります。
部分的に残っていた菌をそのままにせず、深いところまで確認できるのがマイクロスコープなのです。

根管治療が世界で最も進んでいるのはアメリカのベンシルバニア大学歯内療法学科という所ですが、そこの教授のSyngcuk KIM教授が”You can only treat what you can see.”という事を仰いました。
見えるものしか治療はできないという意味です。

根管内は細くて長くて、枝分かれしており、非常に複雑な状態です。
バイ菌が根管の細いところに達していた場合、普通に肉眼で治療が行われてしまうと、中に菌を取り残したまま薬を塗布し、被せ物を行い、治療を終了するという可能性がかなり高いです。
そうなると、症状が進行してしまうため、歯髄と呼ばれる神経に激しい痛みを感じることになったり、神経が死んだり、腫れの原因になり、根っこの先に膿みが貯まる事が考えられます。そのままの状態で放置すると、死んだ神経を抜く抜髄だけでは済まず、抜歯、入れ歯となるリスクが高まります。血管を菌が巡り、全身的な病気に影響を及ぼす可能性もあります。
そのようなことにならない為にもマイクロスコープを要する治療はは不可欠です。

歯の根管は下の図の様に細かいのですが、このすべてを清掃して、細菌を洗い流さないといけないです。

歯の根管

当院のスタッフは、訓練を受けた根管治療医(口腔外科の勉強をしてきた歯科医も在籍)が、マイクロスコープを使用して患者さんの根管から強い感染源を除去する重要な仕事をしています。
ただ、根管は細いため、使用する器具が折れてしまう事もあります。
そういう状態の場合は、今までなら治療が不可能という選択をせざるをえなかったのですが、マイクロスコープを使って、確実に折れた器具にアプローチし、除去も多くの場合で出来る様になりました。

以下、根管治療の大事さが良くわかるアメリカでの研究が有りますのでご覧ください。

根管治療の成功率

この研究からわかる事は、

@ 精密な根管治療を行って、かぶせ物も精密な自費のクラウン治療を行った場合の予後の成功率は91%と高い。
A 根管治療の精度が低く、かぶせ物も精密さの低い保険の治療であれば、80%以上の確立で感染が再発する。


という事がわかります。

当院では、マイクロスコープやCT撮影など行うことで上の表の「高い精密度」に当たる治療を行い、高い成功率を実現しています。その歯の再感染予防という事にもつながりますので、予防歯科という面においても必要だと言えます。

CT撮影を併用する事による治療の更なる精密度アップ

当院ではマイクロスコープによって精密な治療を行うと同時に、CT撮影も併用して、更に治療の精密度を上げています。

通常、根管治療をする時は、他のクリニックでは2次元のレントゲンで撮影する事が多いと思います。
しかし、当院では3次元のCT撮影での治療が必要と考えます。

なぜなら2次元と3次元では「見える範囲」が大きく違うからです。

下の画像をご覧ください。
左の画像が2次元のレントゲンで、右が3次元のCT画像です。
矢印の所にバイ菌が入って居るのですが、CT画像の方がはっきりとバイ菌の居場所がわかる為、治療が成功しやすいです。

レントゲン画像
▲ 普通の歯科用レントゲン写真

CT画像
▲ CT撮影で立体的に見た写真

当院の考える根管治療成功の定義

● 腫れや痛み、フィステル(瘻孔)が何も無くなること
● レントゲンやCTで診て、骨の透過像(黒い影)が何も無くなる、もしくは小さくなる事

根管治療における予後の悪い歯について

歯医者がマイクロスコープで精密な根管治療をしても、どうしても治らない場合もあります。
それは次の様な場合です。

● 感染の原因が、根管の外部にある場合(根尖孔外バイオフィルム)
● 根っこが広範囲に割れてる場合(広範囲の歯根破折)
● 虫歯が大き過ぎて、虫歯を取り除くと歯の土台がほとんど残らない場合
● 歯の内部吸収が大き過ぎる場合
などです。

もちろん、最善の治療を尽くすのは当たり前ですが、求められてもどうしても治らない際は歯根端切除や抜歯もあり得ます。

もし抜歯になってしまった場合は費用と通院回数の労力が無駄になると感じられるかも知れませんが、その場合は、出来るだけ早い時期に患者さんにお伝えし、患者さんが、余分な負担がかからない様配慮し、現在の程度のご説明、抜歯や手術、麻酔のご説明や、その後の治療法もご提案させて頂きます。

日本では、まだまだマイクロスコープを使いこなせる歯科医師は数が少ないです。
アメリカには根管治療専門医が多くいますが、日本はその点は遅れているように感じます。
日本にマイクロスコープがもっと普及すれば、日本の抜歯の確率はかなり下がると思います。

マイクロスコープが凄い例

マイクロスコープで見た歯の根管1
▲普通は3根管しかない歯なのに、マイクロスコープで見ると5根管ありました。5根管の穴をちゃんと見つけて消毒して、この後薬剤で根管充填しました。

マイクロスコープで見た歯の根管2
▲根管口がこんなにはっきり見えます!

Call:06-6878-4520
  • 無料メール相談
  • 初診予約
  • LINEで無料相談

お近くの医院はこちら

根管治療の治療費

当院のマイクロスコープによる根管治療は自費診療となります。

費用詳細

前歯 4万円(税抜)
小臼歯 8万円(税抜)
大臼歯 12万円(税抜)

根管治療後、1年以内に残念ながら抜歯になった場合、その歯の療法にインプラント治療を選択された方につきましては、
根管治療にかかった費用の半額を引かせて頂きます。

お支払い方法

1.金利0プラン

一律20回の均等分割は金利・手数料がかかりません。
当院の特徴です。

2.スマイルプラン

最大120回まで 当院にしかできない分割プランです。
金利手数料は 実質年率 3.1 %です。

  • 分割払い 月々の金額
  • 分割払い 月々の金額
  • 分割払い 月々の金額

当院のご案内

Information of our hospital

当院は、大阪梅田、大阪心斎橋、神戸三宮、吹田にあります。

大阪梅田院

梅田院

エントランス
▲ アクセス良好な大阪駅前第3ビルにあります

受付
▲ 受付

診察室
▲ 診察室

梅田院の地図

診療時間
09:00〜13:00
14:00〜20:00

休診日:祝日、年末年始・夏季休暇(お盆)

大阪心斎橋院

心斎橋院

エントランス
▲ エントランス

受付
▲ 受付(親切な受付がお待ちしています)

診察室
▲ 診察室(マイクロスコープ設置)

心斎橋院の地図

診療時間 日祝
09:00〜13:00
14:00〜20:00

休診日:日曜・祝日、年末年始・夏季休暇(お盆)

神戸三宮院

神戸マルイ院

神戸マルイ
▲ 阪急三宮駅からすぐの、神戸マルイの5階にあります

受付
▲ 受付

診察室
▲ 診察室

神戸マルイ院の地図

診療時間 日祝
11:00〜13:00
14:00〜20:00

休診日:日曜・祝日、年末年始・夏季休暇(お盆)

吹田院

吹田院集合写真

外観
▲ 外観

駐車場
▲ 駐車場が27台あります(北摂最大のクリニックです)
大きな画像を表示する

診察風景
▲ マイクロスコープで治療します

診療時間 日祝
09:00〜13:00
14:00〜20:00

休診日:日曜・祝日、年末年始・夏季休暇(お盆)

治療の流れ
1. ご予約

ご予約はお電話、ネットでできます。ご相談がある場合は、お電話、メール、ラインでもできます。
医院は、大阪心斎橋、神戸三宮、吹田にあります。

無料メール相談 初診予約 LINEで無料相談

2. カウンセリング

カウンセリングで、貴方のご希望やこれまでの治療経過などをじっくりお聞きして、最適の治療方法をご提案します。

3. 施術

一つ一つの根管を丁寧に、マイクロスコープで直視し、確実に根管内の細菌を除去していきます。

私の根管治療に対する思い

日本人が歯を失う第一の原因は歯周病である事は皆さま良くご存知なのですが、実は、歯の根管の炎症によって抜かないといけないケースは、表には出ませんがものすごく多いのです。

理由は根管の複雑性ゆえに、たとえ注意をしていても、根管の細菌を完全に取り除く事が出来ないからなんです。

人間の勘に頼った根管治療ではなく、科学的に正確なマイクロスコープを使って最高の根管治療を行い、少しでも歯を抜く事を防げたらなと思っています。

医療法人真摯会 総院長 医学博士
松本正洋

理事長

4医院のドクター紹介

Introducing doctors

大阪梅田院

宮本医師
久野医師
西海医師

大阪心斎橋院

山田秀史医師
山田高久医師

神戸マルイ院

今福医師
定政医師

吹田院

上坂医師
脇田医師
真田医師

Call:06-6878-4520
  • 無料メール相談
  • 初診予約
  • LINEで無料相談

お近くの医院はこちら

無料メール相談

ご相談はこちらからどうぞ。
根管治療に関するご質問・お悩みなど、
どんな小さなことでも丁寧にお答えしますので、お気軽にご相談くださいね。

ご質問内容 ここからお書きくださいね。↓
お名前 [全角]
Eメールアドレス
[半角英数字]
電話番号
携帯電話可
ご予約希望の方は診療希望日をお選びください
ご希望医院名
(診療予約ご希望の方のみ)
  • 梅田院(大阪駅前第3ビル)
  • 心斎橋院
  • 神戸マルイ院
  • 吹田本院
診療希望日
(診療予約ご希望の方のみ)
※日曜診療は梅田院(大阪駅前第3ビル)のみ
※当フォームから今日・明日の予約はできません。
お急ぎの方はお電話にてご予約ください。

第1希望

第2希望
Call:06-6878-4520
LINEでのご相談はこちらから
LINEで無料相談