歯が痛くてリンパが腫れている場合の原因と治療法・対処方法|医療法人真摯会 クローバー歯科・まつもと歯科

歯が痛い専門サイト
25. 歯が痛くてリンパまで腫れている

歯が痛くなって、リンパまで腫れて痛むことがあります。

リンパまで炎症が及ぶのは症状がかなりきつい場合ですが、原因がいくつかあります。

その最大の原因は「歯根膜炎」と言います。

下あごを押さえる女性

歯根膜炎とは?

歯の根っこの周りには、歯根膜と呼ばれる、歯と骨の間のクッションのような膜があり、それを歯根膜と呼んでます。

歯根膜

その歯根膜に炎症が起こって痛みが出るのが歯根膜炎です!
歯根膜炎が起こってひどい場合は、リンパまで痛むのです!

歯根膜炎の原因

@虫歯が原因の歯根膜炎

虫歯菌が歯の神経に感染し、神経から歯の根っこの先を通じて、歯根膜まで感染することによって炎症が起こります。(感染性歯根膜炎)大半がこの場合で、むし歯からの歯根膜炎は激痛になる場合があります。

虫歯菌が歯根膜まで感染

A歯周病が原因の歯根膜炎

歯周病が進行して歯の骨が溶けてなくなっていくと歯が支えを失って揺れ始め、歯根膜や歯槽骨に炎症が広がっていきます。(感染性歯根膜炎)歯根膜炎の症状が出ている場合は歯周病がかなり進行している可能性が高く、すぐに歯医者で治療が必要です。

女性

B歯の神経の治療後の歯根膜炎

歯の根っこの治療中に歯根膜に刺激を与えてしまったことによって、治療後に痛みが出ることがあります。 (感染性歯根膜炎)歯の神経の治療は歯の先端のギリギリの部分まで器具を入れる必要があるので、歯根膜に刺激が伝わってしまうことがあるためです。

女性

C歯を強くぶつけたことによる歯根膜炎

前歯を強く打ったり、転んで歯をぶつけたりすると、歯に強い外力が加わって歯根膜までダメージがいって歯根膜炎が起こることがあります。
(非感染性歯根膜炎)この場合は、リンパまで痛むことは少ないですが、歯の位置を戻して安静する必要があります。放っておくと神経が死んでしまうケースもあるので注意が必要です。

女性

歯根膜炎の症状

感染の初期とか、程度が軽い場合は、歯が浮いた感じとか、噛んだり叩いたりすると痛い程度です。

感染が進むと、アゴの下のリンパまで炎症が及んでしまい、腫れたり痛んだりします。

そういう状態を放置しておくと、熱が出たり頭痛がしたり、歯の根っこの先にたくさん膿がたまってしまい、大きな病巣を作ります。
そして、その病巣が原因で、全身に病気を広めてしまいます。心臓、腎臓、関節等にも炎症を起こすこともあります。

女性

歯根膜炎の治療法

虫歯菌が歯の神経に感染してることが多いので、まずはその治療を行います。

感染した歯の神経を除去して、中をキレイに洗浄してばい菌を徹底的に除去します。
歯の根っ子の先に膿がたまってることが非常に多いので、膿もしっかり出します。
その後、歯の神経をふさぐ薬を詰めてから、かぶせ物をします。

歯根膜炎の治療

歯根膜炎は、ほっておいた場合、歯の周りの骨を溶かしたり、全身にばい菌を広げたりします。
ところが、一時的に炎症が収まって痛みが取れることもありますが、自然に治ることは残念ながらありませんので、歯科医院で確実に治療されてくださいね。

ドクター

歯の痛みをすばやく改善してくれる

お近くの医院はこちら
Call:06-6878-4520
  • 無料メール相談
  • 初診予約
  • LINEで無料相談

歯の痛みをすばやく改善してくれる

お近くの医院はこちら


あなたの痛みの症状
どれですか?

歯の痛み上位31
これらの痛みの全てを治します

この中から該当する症状をクリックして下さいね