歯のブリッジ専門サイト|ブリッジとは、ブリッジのメリット・デメリット|医療法人真摯会

歯のブリッジ専門サイト
ブリッジとは?

歯を抜いた後、そのままにしておくと隣の歯が倒れてきたり、噛み合う歯が伸びてきたりします。そのため、抜いた歯(欠損歯)を補う治療が必要で、ブリッジ、入れ歯(義歯)、インプラントという3つの方法の中から治療を選択する必要があります。

ブリッジとは、失った歯の代わりの人工の歯(ダミー、またはポンティックという)を、両隣の歯にかぶせる冠と連結した形でつくった被せ物です。両隣の歯を土台にして、橋渡しのようにして被せ物を接着して固定します。

ブリッジの図解

ブリッジは数回の通院で比較的手軽に治療出来ますので、歯を初めて失った方、歯を失った数が1本だけなど少ない方は、ブリッジで治療される方も多くおられます。

ブリッジは保険適用で作れますが、欠損歯が前歯の場合は、見た目をよくするために強度や透明感に優れた自費診療のジルコニアやオールセラミックにする方が多いです。

ブリッジの被せ物と支台の歯の境目は歯垢が溜まりやすく虫歯になりやすい部分です。虫歯を避けるために、ブリッジにした後はていねいにブラッシングをして歯垢を落とすようにしましょう。

ブリッジのメリット・デメリットは?

ブリッジのメリット

  1. 歯を削って、型取りして作るだけなので治療が比較的簡単
  2. 基本的に治療期間が短い
  3. 保険が効く場合は安くできる
  4. 噛む力はしっかり出る
  5. 違和感が少ない

ブリッジのデメリット

  1. ブリッジの支台とするために健康な歯を2本削らないといけない
  2. 両サイドの歯を削る
  3. 削った後で痛みが出ると神経を取らなくてはいけない
  4. 土台となる歯に負担がかかるため歯の寿命が短くなる
  5. 支える歯に負担がかかる
  6. 保険の場合は、奥歯は銀歯になる
  7. 銀歯のブリッジ
  8. 歯磨きを丁寧にしないと虫歯や歯周病になりやすくなる
  9. ブリッジの一部に異常が起こった場合には取り外して全部やり直しになる
  10. 多くの歯を失った場合はブリッジでは治療できない

↓

当院のこのデメリットに対する
解消法

ブリッジの最大のデメリットである、「歯を削る」という事に関して、
極力歯に負担の無い削り方をしています。

  1. 削る量自体を最小限に
  2. 削る時に歯に圧力をかけないようにし、歯の神経を守る
  3. なるべく歯の神経を残すブリッジ治療をしている
  4. 歯を削らないブリッジも採用しているヒューマンブリッジ
ご予約・お問い合わせは
お近くの医院まで

お近くの医院はこちら

  • 無料メール相談
  • 初診予約
  • LINEで無料相談
無料メール相談

ご相談はこちらからどうぞ。
歯のブリッジに関するご質問・お悩みなど、
どんな小さなことでも丁寧にお答えしますので、お気軽にご相談くださいね。

ご質問内容 ここからお書きくださいね。↓
お名前 [全角]
Eメールアドレス
[半角英数字]
電話番号
携帯電話可
ご予約希望の方は診療希望日をお選びください
ご希望医院名
(診療予約ご希望の方のみ)
  • カトレア歯科(梅田イーマ)
  • 梅田茶屋町院
  • 梅田院(大阪駅前第3ビル)
  • なんば院
  • 心斎橋院
  • 天王寺院
  • 吹田本院
  • 豊中本町院
  • 豊中駅前院
  • 高槻院
  • 茨木院
  • ミント神戸院
  • 神戸マルイ院
診療希望日
(診療予約ご希望の方のみ)
※梅田院(大阪駅前第3ビル)・なんば院・天王寺院は日曜も診療しております。
※当フォームから今日・明日の予約はできません。
お急ぎの方はお電話にてご予約ください。

第1希望

第2希望
Call:06-6878-4520
LINEでのご相談はこちらから
LINEで無料相談