定期健診|医療法人真摯会 クローバー歯科・まつもと歯科

患者さんの歯の健康をまもっていきたい

当院の定期健診が喜ばれる理由

歯に優しい・痛みが無い

歯のクリーニングに使う器械が、歯に優しくてダメージを与えません。また痛みも無くて気持ちが良く、しかも効果が高いので歯医者に通うのが楽しみになります。

エアフロープロフィラキシスマスター

▲エアフロープロフィラキシスマスター

エアフロープロフィラキシスマスターという器械を使っています!

虫歯や歯周病にならない事を目指す

患者さんの歯を二度と悪くさせないという強い気持ちをもってしています。歯は絶対に削らない方が良いのです。その為に、一生虫歯や歯周病にならない事を目指しています。

保険が効きます

定期健診は本来保険が効かないのですが、厚労省が全国の16%の歯科医院に限り保険で定期健診ができるようにしました。

当院は科学的な定期健診に努めています。
定期健診(メンテナンス)の時間は40分〜60分で費用は2000円〜3500円程度頂いております。

当院の定期健診の内容
大人の場合
1.虫歯の検査
  • 初期虫歯
  • 初期虫歯

▲初期虫歯はご自分では見つかりにくく、また削るべきかどうかもわかりません。

虫歯

▲また、歯と歯の間の虫歯もご自分では見えません。

虫歯

▲詰め物と歯の境目から虫歯になることもあります。(2次虫歯)

歯科検診においてこれらを的確に診断して、削って治すのか、削らずに予防処置をするのか、削るならどんな治療法が適切か、などをご説明します。定期健診に通ってる方の場合は、初期虫歯になられている割合が多いです。

2.歯ぐきの検査

歯と歯ぐきの間のすき間(歯周ポケット)の測定や、歯ぐきからの出血の程度、歯のグラグラの具合などを検査します。

  • 歯周組織検査表
  • 歯ぐきの検査

歯周ポケットを測ることで歯周病かどうかを判断します。浅ければ、引き続きメンテナンスを行い、深ければ歯周病の治療をします。

3.クリーニング
歯石取り

歯や歯ぐきの中のバイオフィルム、歯石を除去します。
クローバー歯科クリニックのクリーニングは、歯にダメージを与えない方法をしています。
痛みも無く気持ちの良い器械を使っています。

エアフロー プロフィラキシスマスターと言います。

エアフロープロフィラキシスマスター

この新しく出た器械を使うことによってメンテナンスの効果が格段にアップしました。

エアフロープロフィラキシスマスターの特徴
@歯の表面の歯垢やバイオフィルムを取ります。

エアフロープロフィラキシスマスター

まず歯垢が染まる薬液で歯の染め出しを行います。歯垢がついた時期によって染まる色の濃さが違いますので、毎日の歯磨きが出来ていない部分や、バイオフィルムのある場所がはっきりとわかります。

小さな粉を歯に吹き付けながらジェット水流で同時に洗い流し、歯垢やバイオフィルムを取り去ります。痛くなくて歯がツルツルになります。

歯・かぶせ物・インプラントなどから、歯垢(バイオフィルム)、着色を取ります。1回の施術で効率よく取ることが出来ます。

パウダー状なので歯やインプラントの表面を傷つけません。

エアフロープロフィラキシスマスター

実際に行ってる動画はこちら

A 次に、歯ぐきの中の歯垢(バイオフィルム)を取ります。

エアフロープロフィラキシスマスター

歯周ポケットの中に、水と粉を吹き付けて歯垢(バイオフィルム)を取りますペリオフローと言います。

痛みがなく、深い歯周ポケット(4〜9mm)の中のバイオフィルムも取れます。器具の先端のノズルは柔らかい材質です。

歯周病の予防には最適です。

エアフロープロフィラキシスマスター

実際に行ってる動画はこちら

B その後に歯石を取ります。

超音波スケーラー

歯石取り

超音波の器具を使って、エアフローを用いた後にまだ残っている歯石を除去します。ピエゾンフローと言います。

歯ぐきに優しく、より高い清掃効率を実現する超音波スケーラーです。

温水を出すことができるので、知覚過敏の方や子供さんにも優しいです。さらに、薬液を用いることもできますので、治療ニーズが多様化しました。

超音波スケーラー

実際の動画はこちら

4.ご自宅でのケアのアドバイスやお悩み相談

相談

ご自宅での歯や歯ぐきのケアについて、詳しくご説明します。
各個人で歯並びも違いますし、磨き方にも癖があります。
歯ブラシ、歯間ブラシ、フロスの正しい使い方や、歯の汚れが取れてない箇所などを改善させるケアの方法を、一緒に考えながら、お伝えします。

お悩みについては、歯や歯ぐきはもちろん、アゴの痛みや歯ぎしり、歯並び、ホワイトニング、入れ歯の使い方などどんな事でもお聞きします。お気軽にお聞きしてくださいね。

こどもの場合の定期健診

相談

  • 虫歯のチェック
  • 歯ぐきの検査
  • 歯石の除去(子どもさんの場合は、大人と違い、歯石が歯ぐきの中につくことは少ないため、主に歯ぐきの上の歯石を取ります。)
  • 歯のクリーニング(PMTCと言って、歯の着色除去も行います)

子どもさん特有のメニュー

★子どもさん特有のメニュー
歯並びのチェック

歯並びのチェック

子どもさんは、歯並びの生え変わりが激しいため、悪い歯並びになってないか、あるいは、良い歯並びに誘導するにはどうしたら良いかを毎回チェックします。

虫歯予防

フッ素塗布

子どもさんの場合は、毎回フッ素も塗ります。フッ素はわかりやすく言うと歯が硬くなって丈夫になります。

シーラント

シーラントは歯のかみ合わせの面の溝を埋める処置です。

  • シーラント
  • シーラント
インプラントを
されている場合

インプラントをされている方については、さらに以下のことを追加で行います。

インプラント

  • インプラントの噛み合わせのチェック
  • インプラントが歯周病になってないかのチェック
  • インプラントのかぶせ物の状態のチェック
  • インプラント本体及びその周囲に異常がでていないか確認をします。
入れ歯を
されている場合

入れ歯をされている方については、さらに以下のことを追加で行います。

入れ歯

  • 入れ歯ががたついてないかのチェック
  • バネが緩んでないいかのチェック
  • 入れ歯が破損してないかのチェック
  • 人工の歯がすり減ってないか、ちゃんと噛めるかのチェック
Call:06-6878-4520
  • 無料メール相談
  • 初診予約
  • LINEで無料相談

お近くの医院はこちら

その他

また、顕微鏡で実際のお口の中の細菌の検査もしています。

位相差顕微鏡

(なんばクローバー歯科、まつもと歯科で行っています)

位相差顕微鏡って?

位相差顕微鏡とは、細菌や微生物を生きたままくっきり見ることが出来る顕微鏡です。

このシステムを用いて口腔内細菌のチェックを行うようになりました。

プラーク(歯垢)を採取して、その場で口腔内細菌の状態を顕微鏡で拡大してモニターで見ることができます。

理想的な状態であればいかにして維持するか、問題があればどうすれば良い状態にできるか、この情報に基づきアドバイスいたします。

歯科衛生士

ご自分の口腔内の状態を正しく知り、
正しい予防と治療を行うことが大切です。

お気軽に担当歯科衛生士にご相談ください

どんな菌が見えるの?

お口の中には約700種類の細菌がいます。

歯石と歯垢

歯みがきの磨き残しなどが原因で歯の表面にプラーク(歯垢)が付着すると、プラーク1mgに約10億個の細菌が住みついているといわれています。

プラークが増えると、細菌が増殖して虫歯や歯周病、口臭などを招くことがわかっています。

まずご自身のお口の中の菌を、位相差顕微鏡でチェックしてみましょう。

こちらの写真は電子顕微鏡によるものです。(出展:日本大学歯学部)

  • グラム陽性菌

    グラム陽性菌
    乳酸菌やビフィズス菌等の善玉菌

  • グラム陽性菌

    グラム陰性菌
    大腸菌、サルモネラ菌、緑膿菌等の悪玉菌

  • トレポネーマデンティコラ

    トレポネーマデンティコラ
    スピロヘータ

  • 代表的な歯周病菌

    代表的な歯周病菌
    ポルフィロモナスジンジバリス菌

このような菌があれば注意が必要です

レッドコンプレックス

口の中の細菌は除菌できる?

口の中には数百種類の細菌がいることが知られています。

さて、口の中の細菌の除菌や殺菌は可能でしょうか?

マウスウォッシュで歯垢が取れないことからわかるように、 全ての細菌を取り除くことは不可能です。

歯垢が作り出すバイオフィルムはネバネバしたフィルム状の膜で、 こすって取り去る以外に除去する方法はありません。バイオフィルムでおおわれているために、薬剤がききにくいのです。

歯垢の中にはなんと1グラム中に約1000億個以上もの細菌が見つかるそうです。

例え口の中をクリーニングしてきれいにしたとしても、残っている菌が すぐに繁殖して元の状態に戻ります。

とはいえ、心配する必要はありません。

本来、口の中に雑菌が沢山いることは普通のことで、 私たちは雑菌やウィルスと共存して生きているのです。

通常は身体に免疫力がありますので、細菌やウィルスが口の中にいたとしても それが原因で胃がんや大腸がん、生活習慣病などの病気になることはありません。

歯みがきやうがいによって、口腔内の細菌の数は減りますし、 丁寧な歯磨きは歯垢の除去にも効果があります。

さらに定期健診でバイオフィルムを除去すれば、お口の中を健康な状態に保つことが可能になります。

定期健診が大事な理由

定期健診は将来の歯の健康に大きな関係があります

下のグラフのように、定期的にメンテナンスを受けていた方の本数が多いという結果が出ています

歯を良い状態で健康に保つには定期健診が重要です。毎日歯みがきをしていても知らず知らずのうちに歯の状態が悪くなってしまっていたという経験をお持ちの方も多いと思います。

定期的なメンテナンスには
・歯や口の状態を悪くする原因を除去する歯のクリーニングで「予防」
・もし歯周病や虫歯があっても初期段階で見つけることができる「早期発見・早期治療」
という歯の健康にとって重要な役割があります。

定期健診で健康維持!

定期健診であなたのお口の健康をサポートします!

歯や歯ぐきの状態が悪くなる前に定期的な健診を受けることにより、口の中を健康に保てます。

もし治療が必要になっても最小限の治療で済みます。

虫歯が出来ると削って治療しますが、一度削った歯はもとには戻りません。

出来るだけ削らずに痛みの少ない治療を行うためには早期発見・早期治療がとても重要です。

歯のクリーニングでは歯周病や虫歯の原因となる歯垢・歯石(バイオフィルム)を取り除きます。

毎日丁寧に歯みがきをしているつもりでも少しずつ汚れがたまり、細菌のすみかであるバイオフィルムがついてしまいます。このバイオフィルムは歯みがきでは落とすことができません。

プロによる歯のクリーニングで落とすことが歯の健康につながります。

歯のクリーニングをすると歯もつるつるになって、口の中がすっきりします。

さっぱりして気分がリフレッシュする」とそれを楽しみにいらっしゃる患者さんも結構多いんですよ。

歯磨きをしても口の中がなんだかすっきりしない、口臭が気になるという方もぜひ一度ご来院ください。

定期健診に対する私たち歯科衛生士の思い

当院では、お口の状態を確認させていただき、個々に応じてケアをさせていただいております。

その中で、私達が常に思っているのは1年、2年先のお口の健康を保つためにどうするのかを考えているのではなく、80才を超えてもご自身の歯を保つためには、どうしていけばいいのかを考えています。

食事をしていくのにご自身の歯にまさるものはありません。五感を感じながらいつまでも若々しく食事を楽しんでいただけたらと思います。 毎日歯磨きはされているものの、どうしても残ってしまうところもあるかと思います。

それを私達が3ヶ月ごとにお手伝いをしてケアすることで健康な歯を保っていくことができます。

歯周病で歯をささえている骨が吸収してしまった方でも、それ以上失うことのないようにするためには健診は重要です。健診に来られる方の喪失率は少ないです。

是非、定期的に健診へいらして下さい。

歯のクリーニング

あなたの歯の健康は、歯科医院でのクリーニングホームケアを両立することで維持することができます。

当院では、あなたの歯を健康に保つため、あなたに合った予防プログラムを作り、クリーニングを行っています。

歯科衛生士による歯のクリーニングについて

毎日すみずみまで磨いているつもりでも、どうしても歯ブラシの届きにくい所、汚れがたまりやすい所ができてしまいます。

当院では歯科衛生士がこの部分のお掃除を徹底的に行います。

歯についた汚れを歯垢(しこう)といいます。専門的にはバイオフィルムと呼ばれ、細菌が歯の表面に形成したねっとりした膜のことです。 歯ブラシでは容易に取り除けないほど強力な粘着力をもっています。

この中に虫歯や歯周病の原因の菌が住みつきます。これらは、毒性の高い悪玉病原菌です。

これら悪玉病原菌や、それが産生する毒素が、歯肉粘膜から血流に入り込み、血管内部で感染を起こしたり、血管壁にへばりつくことにより血栓を作ったりと、大変な悪さをしています。

歯のクリーニングをすることにより、このバイオフィルムを効果的に除去することができます。

歯ブラシでとれない歯垢は3ヶ月経つとその病原性が上がるため、3ヶ月に1度行うと効果的です。

(ご希望により、フッ素塗布・着色取りもいたします。着色の程度により、定期健診内で取りきれない場合は、改めてご予約をいただくこともございます。)

プロによるクリーニングでしか清掃できない所

(1)歯と歯の間 鏡を見ながら磨いても落ちない汚れ。そんなところもしっかりケア。

(2)歯と歯肉の境目 自分ではなかなか磨くことのできない歯と歯肉の境目をやさしくケア

歯周病のバイ菌が全身に及ぼす影響

歯周病菌は全身に様々な悪い影響を及ぼします。これらを防ぐためにも、定期健診で歯のクリーニングをしましょう。

歯周病のバイ菌(バイオフィルム)による全身的な弊害

1.心筋梗塞

アメリカのバッファロー大学の調査では、歯周病にかかっている方が心筋梗塞を起こす確率は、歯周病にかかってない方の3倍高いという結果がでています。

また、心筋梗塞を起こした患者さんの心臓には、その方の口の中にいる歯周病菌がいることを発見しました。

2.脳梗塞

口の中の病原菌は、歯周病を起こすと同時に、そこから血管内に入り込み、血流に乗って首のところまでくると、そこにいったんとどまり、さらに首から脳に侵入し、毛細血管内で血栓を作って脳梗塞を発症することが明らかになっています。

3.糖尿病

糖尿病の人は感染に弱いため、歯周病になりやすいと言われますが、逆に歯周病の人も糖尿病になりやすいし、糖尿病を悪化させやすいこともわかっています。なぜなら、歯周病菌の毒素にはインスリン拮抗作用があるからです。歯周病菌はインスリンの効果を失わせるため、血糖値は上がり、糖尿病は悪化してしまいます。

4.老化

無菌状態の哺乳類は、脳の完成までの期間の5倍生きるといわれています。

人間の脳はおよそ25歳で完成しますから、本来の寿命は120〜130歳であると推定されます。

現実の生活では無菌状態は無理ですが、一番影響を及ぼしてるのが、私たちの体内、とくに口の中の細菌です。(口の中の細菌は毒性が強いためです。)

私たちは外からの病気の感染には注意を払いますが、体内の細菌には無頓着です。

まず、この考えを改めることが健康と若返りへの第一歩です。

口の中を清潔にしておれば老化はある程度防ぐことができるのです。

(もちろん老化には、他にも原因がいくつかあります。)

このように、歯のクリーニングをすることによって、全身の健康維持に大きく貢献することができます。

また、舌のクリーニングも行ってください。舌にもバイオフィルムが形成されます。

舌のクリーニングはご自分でできます。

また、こんな調査結果もあります。

失って後悔したことの1位は髪の毛や体型よりも“歯”でした!

出展 はならびスマイル
■調査対象: 60代以上 男女400名
■調査方法: インターネット調査
■調査時期: 2017年10月
■調査設計: アンケート調査

このように、歯を残すことは人生にとって大変重要なことです。

また、金銭的な価値で言うと、歯1本の価値は40万円といわれており、28本の永久歯ですと、1120万円もの価値になります。

当院は科学的な定期健診に努めています。
定期健診(メンテナンス)の時間は40分〜60分で費用は2000円〜3500円程度頂いております。

定期健診Q&A

@定期健診の頻度は?

一般的には、3か月に一度になります。と言うのは、どんなに丁寧に歯磨きをしても歯石は1か月くらいで付きます。そして、歯石が付いて2か月くらいすると、その毒性が上がってきます。2か月に一度っていうのがしんどい方もおられますので、最低でも3か月に一度は受けて頂きたいのです。

ただ、歯周病に弱い方、歯磨きに自信が無い方、健康に気を使われてる方、時間的にゆとりのある方、などは2か月に1回とか、1か月に1回をお勧めすることもあります。

A定期健診の費用は?

大人の方の場合は、1回40分から60分で3500円程度頂いています。 子どもさんの場合は、1回30分程度で、2000円程度頂いています。

B定期健診は高い?

定期健診を仮に年に3〜4回受診されたとすると、費用は1万円強になります。ただ、定期健診に来られた方は、歯を失う確率が明らかに下がります。

アメリカでは、歯1本の価値は40万円といわれており、28本の永久歯ですと、1120万円もの価値になります。 そして、歯の残ってる本数が多い方は、寿命も長いという報告も九州歯科大学からされていますし、何より、入れ歯とかではなくご自分の健康な歯で食事をすることが、人生の大きな楽しみでもありますので、お金に換えられない価値もあります。

C定期健診は痛い?

定期健診で、痛いとするならば、次の2つの時です。

1)歯周ポケットの検査をする時

歯周病の検査で、歯と歯ぐきの間の溝の深さを測りますが、その時にチクッとした痛みを感じる時があります。

検査の器具を強く入れ過ぎると痛みを感じやすいです。

当院では、なるべく痛みが出ないよう、ソフトに行っております。この検査が痛くて定期健診に来るのが嫌になってしまったら、何にもならないからです。

ただ、このチクッとした痛みは感じたとしても、ほんの少しだけです。本当にすごく痛いなんてことはありませんので、どうぞご安心くださいね。

A歯石をとる時

歯石には2種類あります。

1)歯ぐきの上の歯石(歯肉縁上歯石)

この歯石は文字通り、歯ぐきの上に付いています。
歯ぐきの上に付いているので、取る時は比較的簡単に取れるため、あまり痛むことはありません。

2)歯ぐきの中の歯石(歯肉縁下歯石)

この場合、当院ではまず、ペリオフローという器械で歯ぐきの中の歯垢、歯石を取ります。

▲ペリオフロー

歯周ポケットの中に、水と粉を吹き付けて歯垢、歯石を取ります。

痛みがなく、深い歯周ポケット(4mm〜9mm)の中のバイオフィルムも取れます。器具の先端のノズルは柔らかい材質です。

その後に残った歯石をピエゾンフローと言う器械を使って取ります。

ピエゾンフロー

超音波の器具を使って、エアフローを用いた後にまだ残っている歯石を除去する器具です。
歯ぐきに優しく、振動数も少なくより高い清掃効率を実現する超音波スケーラーです

ので痛みを感じにくいです。

また、温水を出すことができるので、知覚過敏の方や子供さんにも優しいです。さらに、薬液を用いることもできますので、治療ニーズも多様化しました。

Call:06-6878-4520
  • 無料メール相談
  • 初診予約
  • LINEで無料相談

お近くの医院はこちら

無料メール相談

ご相談・初診のご予約はこちらからどうぞ。
歯に関するご質問・お悩みなど、
どんな小さなことでも丁寧にお答えしますので、お気軽にご相談くださいね。

ご質問内容 ここからお書きくださいね。↓
お名前 [全角]
Eメールアドレス
[半角英数字]
電話番号
携帯電話可
ご予約希望の方は診療希望日をお選びください
ご希望医院名
(診療予約ご希望の方のみ)
  • カトレア歯科(梅田イーマ)
  • 梅田茶屋町院
  • 梅田院(大阪駅前第3ビル)
  • なんば院
  • 心斎橋院
  • 吹田本院
  • 豊中本町院
  • 豊中駅前院
  • ミント神戸院
  • 神戸マルイ院
診療希望日
(診療予約ご希望の方のみ)
※日曜診療は梅田院(大阪駅前第3ビル)・なんば院のみ
※当フォームから今日・明日の予約はできません。
お急ぎの方はお電話にてご予約ください。

第1希望

第2希望
Call:06-6878-4520
LINEでのご相談はこちらから
LINEで無料相談