痛くない虫歯治療について|医療法人真摯会 クローバー歯科・まつもと歯科

虫歯専門サイト
6.痛くない虫歯治療について

虫歯を治さないといけないんだけど、治療が痛かったらどうしよう、歯医者自体も怖いしとお考えの方は多いと思います。
当院では、無痛治療をしておりますが、詳しくご説明します。

虫歯を削る時は普通は麻酔をします。麻酔が完全に効いてしまえば、痛い訳がありません。ところが、麻酔がちゃんと効いてない可能性もあります。
また、麻酔の注射自体が痛くて怖いという方もおられると思います。

当院では、

1: 麻酔を痛くなくする

2: 麻酔を必ず確実に効かせる

ことを徹底しておりますので、どうぞご安心くださいね。

当院の麻酔が痛くない理由

1:麻酔の注射の針を刺す時の痛みをなくす

何と言っても、針を刺す時の痛みを防ぐことが大事です。

●超極細の針を使っている
⇒針が超細いので、お口の中に刺した時にもわかりにくい。

●痛みを感じる細胞(痛点)の少ない箇所に最初に打つ
⇒痛点が少ないので痛みにくいです。

●針を刺す瞬間は、歯ぐきの粘膜を太鼓の革のように、ピンと張って針が一気に歯ぐきに入るようにする。
⇒このようにすると針を刺したことがわからず、患者さんには、「最近の麻酔は注射じゃないんですか?」と聞かれることも多いです。

診察風景

2:麻酔薬を注入するときの痛みをなくす

治療風景

麻酔薬は液体なので温度が低いのですが、注入する時に温度が低いと、体が冷たく感じてしまうと同時に痛く感じてしまう原因となります。

当院ではあらかじめ麻酔薬を体温くらいに温めて注入しますので、患者様は気付かれませんので、痛みも感じません。

それと、内部への注入のスピードもかなりゆっくりしています。急いで注入すると、圧を感じてしまい痛くなってしまいます。

当院では、1滴を1秒くらいのゆっくりとしたスピードで行う事で、注入の存在自体に気付かれません。

もし、注射の麻酔自体が怖いという方がおられたら、静脈麻酔や笑気麻酔といった方法があります

Call:06-6878-4520
  • 無料メール相談
  • 初診予約
  • LINEで無料相談

虫歯のお悩みを解決してくれる

お近くの医院はこちら